『亀戸天神社』カメさんに会いに寄ってみた。あれっ?冬眠してる?

こんにちは!
 
気学鑑定士の『知世』です。
 
いつもありがとうございます。
 
 
錦糸町にある『シュタット ヴァイデ』と言う
お店でハムを買った帰り道で
 
亀戸天神社』が目に入りました。
 
ハムの事しか頭にありませんでしたが、
錦糸町と言えば
 
『天神さま』でした。
ウッカリです。
 
『折角なので、お参りがてら』
 
『カメさんに会っていこう』と
 
車を駐車場に入れて、
ブラブラと歩いて行きました。
 
最後にここに来たのは
5年近く前でしょうか?
 
藤の季節だと記憶しています。
おー、探したら出て来ました。
その時の写真です。
 

f:id:kaiun7864:20190114123239j:plain

 
雨が降ってる時に行ったんでした。
 
そうそう
夜の藤もお勧めだそうですよ。
 
灯りに照らし出された花房が
心字池の微かな波に揺れて写る様は
幽玄の世界その物だとか。
 
 
さて、
大鳥居を過ぎると
最初にある橋が『男橋』です。
 
そして
本殿の手前にある橋は『女橋』
 
池と橋を人の人生に見立てて
 
『男橋』は過去を
『女橋』は希望の未来を表していると言う事です。
 
本殿で参拝をさせて頂いた後、
 
 

f:id:kaiun7864:20190114123329j:plain

 
お目当の『カメさん』を
橋の上から一生懸命探してみました。
 
何処を見渡しても
見つける事は出来ませんでした。
 
笑わないでくださいね!
私はカメが冬眠する事を知りませんでした。
 
そこで、
『カメの冬眠』について、ちょっと調べてみました。
 
地域によって違いがあるそうですが…
 
10月下旬からだんだんと食欲が落ちて
冬眠に入る準備を始め、
 
11月頃から3月上旬頃まで冬眠する。
 
驚いた事に
冬眠って『命がけ』みたいなんです。
 
体力の無い子ガメや体調の悪いものは
死んでしまう可能性が大きいと言うのです。
 
健康な場合でも
水温が0度以下になってしまうと
 
水と一緒に凍ってしまい
命を落としてしまう事もあるとか…
 
『カメさん、頑張って下さいね』
 
 
ここ『亀戸天神社』は御祭神として

 

菅原道真公』をお祀りし

 

 

 

学問の神様として親しまれてきました。

 

 
境内には
石作りの臥牛が安置されています。
 
この牛の像の頭を撫でると

 

良くなると言われているそうです。

 

 

 

私は受験生ではありませんが、

 

頭を念入りに撫でてきました。
 
『ボケませんように』と祈りを込めて…
 
 
 
今日も最後までお読み頂きありがとうございました。
 
ヤフーオークションで鑑定の出品をしています。
よろしかったらご覧ください。